フィリピンの聖域アポ島に一番近いカンガルー・ビーチ・リゾート。実績30年のカンガルーツアー(ドゥマゲッティ)にお任せ。
TOPページに戻る場合は上のカンガルーをクリックするとどこからでも戻れます。
カンガルーランド表示文字サイズの選択 カンガルーランド表示文字サイズ:ノーマル カンガルーランド表示文字サイズ:ビッグ

フィリピンについて

社会のお勉強ではないので、国の正式名称とかは他のページに任せます。 ここでは、実際のフィリピンや旅行に必要だったりするちょっとしたものを紹介したいと思います。


 両替と金銭感覚

旅行で出かけて使うのは【 ペソ 】ですね。お札には《 1000・500・200・100・50・20 》と6種類でコインが《 10・5・1 》の3種類です。 その下にセンタボという単位がありますが、あまり使いません。また、1000ペソ札でのお買い物はショッピングモールなど都会のお店では問題御座いませんが 小さな商店(サリサリ)の場合、お釣りが無いことが多く利用価値は500ペソ札に比べ低いです。(両替の際には500ペソ札を多くしてもらいましょう)
2008年12月現在1ペソは約2円。但世界同時株安中ですので過去10年の平均で確認すると1ペソは約3円程度ですので日本の1万円が5千〜3千ペソになります。 都会で仕事している方の月給は悪くないのですがカンガルーランドの所在地など地方では世帯所得の平均が2万円以下と言うことが多く、 一度に多額の両替をするのはオススメ出来ません。 金銭感覚で言えば、フィリピンは貧富の差が激しい国ですので、都会のショッピングモールなどで安さを体感するのは難しい事もあります。 地方に行くと収入の差がそのまま反映してしまい、日本の半分またはそれ以上の割安感が体感できる事が多いでしょう。 但し、Tシャツなどは安い分だけの品質になることが多いのも実情ですので、安さに負けての 『 大人買い 』 には注意しましょう。


 パソコン事情

ここフィリピンでは電圧が不安定です。公称220V60ヘルツですが、 インフラが整っていないので何かあると低電圧になったりすることもしばしば。 停電だって日本なら回路が瞬時に変わるので瞬時停電ですが、ここフィリピンでは長いです。 本来220Vを100Vにするダウントランスをオススメするのですが 元が220V無いときには100V以下になるのでパソコンの電源も落ちやすいです。 ノートパソコンの場合、バッテリーがあるので気にならないかも知れませんが ちょっと高くてもINが110Vから240VでOUTが100Vの物がオススメです。 最近のノートパソコンのACアダプターは性能が良いのでそのままでも問題無いことがほとんどです。 インターネットですが、ランドラインの固定電話が行き渡っていないのでDSL(日本のADSL)も 引けないことが多いのです。その分携帯電話を利用したインターネット通信が普及してきています。 値段が高いので、DSLがもっと普及するのを期待したいです。 大きなホテルではインターネットが可能な所も多く、時間でLANが使えます。 くれぐれも共有フォルダーなどは無くしておきましょう。

※ Kangaroo Beach Resort 提供: USB接続ドングルのレンタルサービス


 お薬事情?

ここフィリピンにはインフルエンザという物が無い。とまで言われています。 現地の方は平均気温27度のこの国でも風邪をひきますが、日本人の場合はそのほとんどがエアコンによるものです。 日本のインフルエンザの季節(12〜3月)くらいにフィリピンに来られる場合はあらかじめお薬を処方して 頂いた方が良いかも知れません。潜伏期間がありますのでフィリピンで発病!なんて事もあり得ますし 直ぐにお薬が手に入るとも言えません。幸い、カンガルーランドのあるダウイン市の近く(ドマゲッティ)には 大学病院もありますので、入手も可能でしょうが対応が難しいのも確かです。 通常の抗生物質(アンチバイオティクス)は比較的簡単に入手できひどい風邪などには対応出来ますが 『 ちょっと気分が優れない 』『 微妙にお腹の調子が悪い 』と言った場合のお薬は日本から お持ち頂く方が安心できます。また、お子様のお薬などは特にご注意下さい。 カンガルーランドには日本で購入したお薬が常備してありますが、全てのお薬があるわけでは御座いませんので お持ち頂くことをオススメ致します。


 水

カンガルーランドのあるダウイン市の水は綺麗ですので、慣れた方は水道水を飲んでも平気な方もいらっしゃいますが マニラやセブを含めフィリピンで水道水を飲まれるのはオススメ致しません。 平均気温が高いフィリピンでは水分補給が大切です。ちょっとした傷口を洗うのにも水道水より ミネラルウォーターの方が安全です。 ペットボトル入りのミネラルウォーターはサリサリ(小さな商店)ストアなどどこでも購入出来ますが、 ずっと手で持ち歩くのは邪魔になりますので、ペットボトルホルダーなんかがあると便利です。


 最後に

このほかお聞きしたいことが御座いましたら お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。 時間がかかることも御座いますが、ご連絡させて頂きます。